病院のご案内

作業療法室

あさひリハビリでは、長期療養施設の利点を活かした優れた療養環境の下、ゆっくりと時間をかけて心と身体の改善を目指して患者様個々に合わせた質の高いリハビリをおこなうのが大きな特徴です。 リハビリの形態は集団活動のみならず個別活動も重視しているのが特徴です。手芸や木工等の趣味活動をはじめ、体操等のスポーツ、ゲーム、身体リハビリと、活動内容も幅広く、多くの作業療法士が病棟やリハビリ専用の作業療法室、精神科デイケア等様々な場所で活躍しています。

精神科リハビリのご案内

Q、あさひ病院精神科作業療法ってなにをするの?

A、その方に合った形で「作業」がスムーズに行え、その方らしい「生活」の営みを援助します。

人は日々、様々な「作業(食事・入浴・排泄・更衣など)」を行い生活しています。病気やけがでどれか一つができなくなっても人は不安になったりするものです。日々の生活の中で直面する問題や悩みは人それぞれ違います。あさひ病院精神科作業療法は専門医の指示の下、なぜそれが起こっているのかを認知・精神(こころ)、身体(からだ)の面から評価し、ひとりひとりに合わせたプログラムを作成します。そして、日常的な活動の中で再びその方らしい生活を営めるよう援助していきます。

作業療法士の活躍している場所を紹介

開放的な広い室内で作業活動や集団スポーツに取り組まれています。

作業療法室

和室

自宅を想定した身体リハビリなども行います。

キッチン

調理活動や家事動作訓練などを行います。

高齢者が馴れ親しんだ、農作業を通して心身の活動性の向上を目指します。


在宅療養訓練指導室

退院が近い患者様に対して、生活指導訓練室にて動作確認や訓練、在宅生活への自信の獲得を目的に利用します。


リハビリテーション業務

他職種との連携

カンファレンスなど情報交換の場を持ち、ご家族・医師・看護師・栄養士・PSW・ケアマネージャーなどと連携しています。患者様の家庭環境や身体状況に合わせ、より良い生活が送れるよう、入院生活や退院後の生活も考えサポートしていきます。

ADL支援

生活を送る上で欠かせないのが食事・更衣・排泄・入浴などのADL(日常生活動作)です。あさひリハビリではADL支援も行っています。

趣味活動

患者様が充実した生活を送るためには、特に趣味活動・楽しみ・役割の獲得を通して幸福感を得ることが重要となってきます。作業療法士はこの面の支援も行っていきます。

行事

昔から慣れ親しんだ行事を通し、季節感を感じながら楽しみを得ることが充実した生活につながります。

身体リハビリの実施

加齢に伴い、身体機能面の低下は生じていきます。あさひリハビリでは必要に応じた身体面へのリハビリも実施し、歩行能力や身体機能の維持に努めています。

車椅子・福祉用具の選定

患者様ひとりひとりに合わせた車椅子選びや福祉用具(自助具・装具など)の選定も行っています。また、加齢に伴い、身体機能面の低下は生じていきます。あさひリハビリでは必要に応じた身体面へのリハビリも実施し、歩行能力や身体機能の維持に努めています。